6月7日(日) 教科書学習会のお知らせが出来ました

  • 2015.06.07 Sunday
  • 08:53
1433634007454.jpg
1433633993667.jpg
今年は、中学校の教科書採択の年です。また、先の侵略戦争を美化し、歴史を歪める扶桑社等の教科書が、検定を合格しました。安倍政権の「戦争する国作り」と呼応して、そのための人作りをしようとの魂胆です。千葉県は四年前、どこの採択地区でも、採択させませんでした。今回もどこの地域でも、入れさせてはいけません。展示会も今月19日(金)から、3週間行われます。是非見に行って感想を書いて下さい。私も参加する。教科書ネット市川で、20日(土)午後、少し見る観点など勉強をしてから一緒に展示会を見に行く企画を作りました。いらして下さい。また、県民のかいでも勉強会があります。ご一緒に参加しましょう。

6月1日(月) 東葛飾高校視察 中学校校舎建設状況と夜間高校の夜食の実態

  • 2015.06.02 Tuesday
  • 00:16
今年4月から、同高校夜間部の夜食が試行的廃止をされて1か月が経過。コンビニが
パンなどを販売しているというので、実態を見せてもらいに出かけました。
併せて、来年度から中高一貫校になるために、中学校の校舎などを建設中だというので
あわせてみせてもらいました。

夜食給食の替りとして、近くのセブンイレブンの業者が、パンやサラダ、揚げ物などを
持って訪れ販売していました。買いに来た生徒は30人くらい。

食堂で集まって食事をしていた生徒たちは20人くらい、3月、最後の給食を参観させて
いただいた時とは大違いでした。


これは、3月最後の給食風景。大勢の生徒さんや、先生たちが配膳をし、楽しく食事を楽しんで
いました。




今日は、30人くらいが買いに来ていましたが、食堂は20人くらい。コニュニケーションの場としても大切であった食事の場が、様変わりでした。

お弁当を持ってきて食事をしていた生徒さんたちは、「バランスのとれた食事を準備してくれて良かった。また戻してほしい」「時間がないから、おにぎりだけ。さみしい。また、給食にしてほしい。」こんな声がしきりでした。中には、アメリカンドッグ1つを食べていた生徒は「お金がないからこれだけ」という生徒もいて、給食の必要性をかみしめました。しかし、「給食はまずかった。コンビニのものがおいしい」という生徒もいました。

毎日、毎日コンビニの夕食で良いはずがありません。何としても給食復活をさせたいものです。




 

5月25日(月)教科書採択について、市川浦安教科書ネットが市教委と懇談

  • 2015.05.25 Monday
  • 23:54
浦安
子どもと教科書市川浦安ネットは、浦安市と市川市の教育委員会と、今年の中学校教科書
採択について、懇談をしました。
懇談の主な内容は、
1、総合教育会議について
 〇務局に設置場所
 ∈8紂崑膵法廚鮑遒襪砲△燭辰討梁舅箸旅佑方や、スケジュールについて
2、教科書採択について
 〆梁鬚里笋衒に、前会と違う点があれば聞かせてほしい。
 教員の声を反映させるための工夫があれば
3、教科書展示場について
 _善する点があるか
 ▲▲鵐院璽藩兒罎箸修亮莪靴い砲弔い討呂匹里茲Δ砲垢襪里
4、情報公開に関して
 ゞ┻腸颪箒軌薜儖会会議の公開をしてほしいが、考え方を
 9月1日以降すべてが公開されるが、なぜその教科書にしたのか、もっとわかりやすい説明を
  議事録の中で示してほしいがどうか。

という観点で質問をしました。

浦安市では、2の教員の意見徴収として、毎年、学校ごとに教科書を使用しての簡単なアンケートを
行っているということ。少しでも教員の意見を聞こうとすることは評価できるのではないか。
また、3の,如展示会での市民の声を、協議会委員にお知らせすると言っていた。ここも他市との違い
があった。この形を今年度も行うよう求めました。


市川では、3の,如展示会場を図書館にして、もっと市民が見やすい場所にすることを検討中。
今年度は従来通り、図書館の2階でほとんどわからない場所になっているが、改善を望みたい。
また、コピーは1回の図書館では有料で行えるという話だった。

毎年、懇談を積み重ねることで、少しづつではあるが、改善がされるのかなと思いました。
当局にも、懇談・申し入れがあることが当たり前にすることが必要でしょう。
 

5月20日(木)特定教科書の排除と授業への介入・統制に抗議し、その中止を求める申し入れをしました。

  • 2015.05.21 Thursday
  • 23:45


 1年半前から、実教出版「高校日本史」への攻撃が、千葉県では自民党の議員の議会での質問をきっかけにはげしくなりました。昨年9月には、同教科書を選定した学校に対して、選定の理由と詳細な指導計画を提出させる。
 その後ヒヤリングも実施するという「いやがらせ」としか思えないようなことが行われ、その結果、選定する学校が激減しました。自由に教科書を選ぶことすらできなくなった瞬間でした。その時も、私たちは「あまりにもひどい。
 行き過ぎた行為だ。教育への介入だ」と、厳しく批判しました。しかし、それに対して何も反省がないどころか、さらにエスカレートさせて、徹底的に監視していくという姿勢をあきらかにしたものです。
 「生徒に混乱が生じないように」として、「国旗・国歌」「南京事件の犠牲者数」や「太平洋戦争の犠牲者数」をあげているが、この3点にしても、自民党議員が攻撃をしたのがこの3点である。そもそも、過去も現在もしようしている、高校の教科書は、学校長が選定し、教育長が先決をすると言うしくみになっています。

 今回4月24日、10校に発出された文章は、「生徒に混乱」がおきる無いように、チェックするために、その授業が実施される日時、や授業を参観し、計画通りできたかどうか報告を求めることとなっています。
行政のひどい介入に他ならず、許しがたいものです。この「事務連絡」の撤回を求めました。


県教育庁による特定教科書の排除と教育への介入に抗議し、その中止を求める申し入れ
 
千葉県教育長 内藤 敏也 様
2015年5月21日 日本共産党千葉県委員会
日本共産党千葉県議会議員団
 

一、千葉県教育庁指導課は4月24日、今年度、実教出版「高校日本史教科書」を使用する10校の県立高等学校の校長に対して「年間学習指導計画等の提出について」なる「事務連絡」文書を発出した。
県教委は、昨年8月4日付けで教育振興部指導教育課程室長の名で「事務連絡」文書で、実教出版の「高校日本史教科書」を選定した学校長に対して選定理由の追加求めた。各学校は、選定理由とあわせて克明な指導計画を提出した。その上で、9月に教育長が採択し、教育委員会会議で報告された。
今回発出された文書は、その実施にあたり「生徒に混乱が生じないよう授業が実施」されるようにと、その授業が実施される日時、提出されている計画と違いがあるかどうか、また、管理職に参観をさせ、報告を求めると言う驚くべき強圧的な内容となっている。
 わが党は、このような県教育長による特定の教科書の排除を目的とした学校現場への「圧力・介入」に断固抗議し、同文書の撤回と特定の教科書排除を中止するよう強く求める。


一、県教委が、個別・特定の授業に対して管理職の参観や報告を求めるなどということは、かつてなく、極めて異例で常軌を逸したことであり、教育への介入そのものである。
2013年秋以降、実教出版「高校日本史教科書」使用をめぐる県教委のやり方は、学校現場に不安と混乱をもたらし、かつ教育の自主性を奪うものであると、わが党は指摘をしてきたが、その反省は全くないどころか、ますますエスカレートさせており、断じて許されるものではない。

 一、県教委が同文書を発出した理由は、「生徒に混乱が生じないよう授業が実施」されるためとしているが、長年使用しているところからも、改定指導要領が実施された昨年4月以降も、生徒に混乱が生じた事例報告もなく、県教委も掴んでいない。混乱をさせているのは、県教委であり、一部の勢力に他ならない。
 
一、当該教科書は、いわゆる「教科書検定」をクリアし、文科省も使用を認めているものである。その教科書を使うことによって「混乱が生じる」ということは、検定に疑問を抱いていると言うことに他ならず、まさに「二重検定」に等しい。県教委が「混乱を招く」と考える点は、「国旗・国歌」「太平洋戦争の犠牲者数」「南京事件」についての3点としているが、なぜこの3点なのかについても、明確な回答どころか、「諸説あるものの中の例示」だなどと言い逃れしかできなくなっている。
このように、根拠もなく、明確な説明もできないままに一部の勢力の言い分に従って、特定の教科書の排除を目的とした学校現場への圧力や介入は断じて許せるものではない。
 
一、安倍政権のもとで「安保法制」が国会に上程され、「戦争する国」づくりのための危険な動きが急速に強まっている。県議会においても知事は「集団的自衛権行使」を事実上容認する姿勢を示している。今回の高校日本史教科書をめぐる異常事態の背景には、このような、わが国の憲法をふみにじり、軍国主義の復活をめざす野望があると言わなければならない。

一、戦後、日本国民は、政治や行政による不当な介入から教育の自主性を守り、戦前のような画一化された「国定教科書」の復活を許さないたたかいを進めてきた。教科書は、国民的討論を通じて真理・真実に即しかつ魅力あるものとなり、その採択にあたっても、現場の教員や保護者らの意向が十分に反映することが求められている。また、現行教育基本法は教員の専門的自立性と教育実践の自由を保障しており、今回の「事務連絡」のように、授業のやり方、進め方について介入・干渉・監視することは、とうてい許されるものではない。


 
以上、今回発出の「事務連絡」文書の撤回を求めると同時に、貴職がこの基本的立場に立って教科書採択や使用にあたり、介入・干渉は行わないよう重ねて申し入れるものである。

 

5月20日(水) 第1回千葉県総合教育会議開催 傍聴しました。

  • 2015.05.20 Wednesday
  • 22:44
教育委員会法が改悪され、教育に行政が介入する仕組みを取り入れた、総合教育会議の第1回目が、
千葉県で行われました。
これは、6人(教育長含む)の教育委員に森田知事が加わった会議です。千葉県は知事部局が事務局を
担当することになり、会議の責任は知事部局が担い、呼びかけも司会も務めていました。
今回の議題は「大綱」を作るに当たり、取り込むべき内容を参加者から自由に出してもらうというもの
でした。
知事からはじまりましたが、すでに作成されている教育振興基本計画と少し切り口を変えたものにしたい
として、まずは、道徳の推進そして、家庭の教育力をあげていました。その他の委員も、道徳の必要性を
論じていました。企業側の意見だとして話していたのは、道徳の必要性とあわせて、グローバル化、海外
で活躍できる人づくりだそうです。
子どもたち、一人一人の成長の保証、人格の形成などという言葉は一つも出てきませんでした。
道徳教育で、従順に従う人間作りが一番必要だとでもいうのでしょうか。

そして、もう一つは、家庭教育。
保護者に、ゆったりと子どもたちに係れる時間を奪うような社会にしておきながら、親にばかり、その
責任をなするつける。腹が立つばかりです。人々のくらしをもっと人間らしくすることが大事ではないですか?
と突きつけたい思いで聞きました。

教師は忙しすぎる、研修が多すぎるのではないかという意見が出ました。
まずは、教員の多忙化を改善するためには教員を増やすことですが、そこまでは言いませんでした。

5月8日(水)県教委が実教出版「高校日本史」教科書をまた攻撃・介入

  • 2015.05.14 Thursday
  • 00:38
 4月24日付けで、県教委は指導教育課程室長の名で、今年度実教出版の日本史を使用することになっ
ている10校の高校の校長に対して事務連絡なる文書を発出していることが明らかになりました。
 県教委は、昨年8月4日付けで同じ指導教育課程室長の名で「事務連絡」文書で、実教出版の「高校
日本史教科書」を選定した学校長に対して選定理由の追加求めました。各学校は、選定理由とあわせて
克明な指導計画を提出しました。その上で、9月に教育長が採択し、教育委員会会議で報告されました。
 今回発出された文書は、その実施にあたり「生徒に混乱が生じないよう授業が実施」されるようにと、
その授業が実施される日時、提出されている計画と違いがあるかどうか、また、管理職に参観をさせ、報告
を求めると言う驚くべき強圧的な内容となっています。
 今日は、その指導課を呼び、詳細な説明を受けました。
 指導課副課長の西原氏らは、「国旗・国歌」について、「南京事件」について、「太平洋戦争の各国の犠牲
者数」について、「教え方によっては生徒に混乱をもたらすとしていますが。どのような混乱を想定するのか?」
と聞くと、これには答えられず、また、「検定を通った教科書が、その記述どおりに教えて、混乱させると考える
のか」という、我々の問いに、「検定を通っているので、使用することは問題ない。しかし、混乱をさせないように
指導することが必要なので、指導している」と混乱の想定もできないのに、「混乱を招く」を繰り返しています。
また、南京問題や犠牲者については、千葉県だけが問題にしているし、世間的には問題とされている「慰安
婦」問題には触れていない。明らかに、自民党議員の意向に従っているとしか思えない県教委の姿勢です。
 特定の授業について、監視目的で管理職が授業を参観し、県教委に報告をするなど、行政の教育への
介入そのものです。これを指導の範囲だなどとは言後同断です。
 このようなことは初めてであり、今だかつてなかったこととは認めたものの、「指導の範囲だ」と豪語する県教
委です。
 また、5月の22日までに提出することを求めていますが、まさに、今後の各学校の選定を視野に入れ、自粛
させようとしていることは目に見えています。 
 わが党は、このような県教育長による特定の教科書の排除を目的とした学校現場への「圧力・介入」に断固
抗議し、同文書の撤回と特定の教科書排除を中止するよう強く求めたいと思います。

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 8月29日(水)千葉県教育委員会、教科書採択をついに公開
    一府民 (09/10)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM