8月23日・24日 兵庫県の視察に行きました

  • 2017.08.25 Friday
  • 00:12

 23日は、5人の議員と事務局2人の7人で兵庫県庁に伺い、1、太陽光施設設置に   

関しての条例について、2、火力発電所設置にあたっての環境評価について、

3、中小企業奨学金返済支援制度についての3点に渡っての説明を聞きました。

 太陽光施設については、最近千葉県でも現れていますが、地域住民から反射光や

景観について問題になっていますか、兵庫県でも問題として出始め、知事の提案で

条例づくりをすることになり、昨年秋から着手、12月にパブコメを行い、今年4月

1日施行と超スピードで行われたものです。具体的には事業区域が 5000岼幣紊

太陽光発電施設の設置工事を行う業者に届け出でを義務付けたものです。

 これによって地域住民とのトラブルや環境破壊を止めようとするものです。まだ始

まったばかりでこれまで9件の申請があったそうです。条例で規定することが、一定

の歯止めになり、住民とのトラブルも回避できる一歩になると思いました。
  2つ目の火力発電所建設に当たり環境影響評価を行ったことですが、地球温暖化の元凶

であるCO2についても厳しい意見が出されたとの説明がありました。

 3つ目の奨学金返済支援制度については、近年京都府でも始めたとのことですが、中小業

者の若手人材確保のためには、大事な施策だと思いました。



  24日は、人と防災未来センターを見学しました。22年前に起きた阪神・淡路大震災記念館

として作られたもので、いつ起こるかわからない災害に対する心構えと、対策について、啓

蒙する施設となっていました。当時被災された方々がボランティアの語りべとして活躍され

ていたことには頭の下がる思いでした。いくつかの映像もリアルで、恐怖を感じるものでし

たが、いつ我が地域でも起こるかもしれないことであり、しっかりした対策が必要だと思い

ました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM