5月22日(月) 千葉港の今後の計画を聞き取り・視察

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 07:51

 今後20年から、30年を見据えての千葉港の長期構想が出されま

した。千葉港は市川・船橋臨海部の葛南地域と千葉地域、五井・

袖ヶ浦地域と分かれていますが、明治の末以降、ずっと埋め立てと

企業立地が進められてきました。

 今回の計画は、千葉の中央千葉港近くが中心で、トヨタやBMW

社などが輸出や輸入の際完成した自動車を置いておくヤードやいろ

いろな企業が使うコンテナ貨物を置く場所が手狭になったこと、併

せて自動車ヤードとコンテナ貨物置場が混在して、動線が悪くなっ

ていることから改善をしたいということ。また、海外からの大型船が

増える傾向にあるということから、港の推進を12Mから14Mにし

たいという構想です。

 巨額な税金を投入することになるわけですが、どこからの要求であ

るのか、今後30年先の経済動向はどうなのか、はっきりしないままこ

のような大型事業を推進して良いのか、疑問です。さらに調査を進め

る予定です。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM