10月15日(木) 文教常任委員会が開催されました

  • 2015.10.15 Thursday
  • 16:18
今回は、議案が1件で、請願も意見書もありませんでした。議案である補正予算は、教育全体で3億9千万円もの減額、人件費は特別支援学校等で教員数が増えているのに、予算額は減額。理由は再雇用の先生の増加です。もちろん年金の変更で再雇用の受け入れは大事ですし、ベテランの先生の活躍も学校にとってはありがたいものです。しかし、二人で一人とカウントされるハーフの方は担任も持てず、学校にとっては改善が待たれています。ハーフの再雇用は、定数から外して、県単独予算で採用し、定数は正規の先生を採用するべきだと主張しました。 その他の問題では、三点質問しましたが、主には教科書の採択について、質問しました。育鵬社の歴史、公民の教科書が採択された2つの県立中学校の採択方法については、先生の意見の反映は、どの教科書を推薦するかと言う絞り込みすら出来なくされました。また、審議会で三社に絞り込んだのも、教育委員会の思いのまま、最後の教育委員会会議も、事務局の提案通り。正に事務局の裁量そのままに行われた様子を明らかにさせました。後で、自民党に委員が、このやり方について、法令通りにやっていた
のかと念を押していましたが、事実は全く疑われるようなやり方であったことが明らかになったのではないかと思います。教育委員会会議の議事録について、非公開だからと言って、そのものが存在しないと言うこと、また、教科書採択の公開については引続き追及していきたいと思います。県立中学校の採択は、県教育委員会事務局の望む教科書に、また、高校の実教出版日本史教科書については、あれやこれや攻撃をかけて、何がなんでも選定する学校を減らしていこうとするやり方に抗議を示し、やめるべきだと強く主張しました。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM