8月14日(金) 戦後70年「安倍談話」

  • 2015.08.16 Sunday
  • 12:04
午後6時から、記者会見が開かれ、安倍首相が70年談話を発表しました。
私は、この時間には聞くことが出来ず、後で内容を読んだわけです。また、15日、16日と各界から様々な感想などが寄せられていました。大変長い談話ですが、村山談話の表現を使いつつも、自らの言葉ではなく、ことの本質を巧妙に避けようとするもので、海外からは、厳しい批判の声が寄せられました。中国外務省からは「重大な原則問題でごまかしをするべきではない」、韓国市民団体からは「中身のない反省文だ」「過去を明確に認め、心から謝罪し先般国の責任を履行することで未来に進むことが出来るという事実を今も否定している」「日本軍が行った性奴隷である『慰安婦』問題に対する明確な記述さえも探すことはできなかった」、韓国大統領からは「河野談話や村山談話などで表明してきたら歴史認識が『日韓関係を支えてきた根幹だった』」と指摘するなどです。当然のことです。最後には「積極的平和主義」の旗を高く掲げると言って、「戦争する国づくり」を強力に推し進めようというのです。とんでもないことです。何としても戦争法案を廃案にして、世界の人々へ、過去の植民地支配と侵略戦争に対する日本国民の反省と平和の意思を伝えていきましょう。
コメント
コメントする