12月2日(水) 松戸南高校の夜間給食を視察しました

  • 2015.12.03 Thursday
  • 07:36
  
  千葉県は、今年度から、17ある定時制高校の内、東葛飾高校と千葉工業高校の夜間の給食を 「試行的廃止」などというわけのわからない言葉を使って廃止をしています。さらに来年度から3校も廃止の学校を増やすと発表しました。木更津東と東金、松戸南高校です。
 何のための「試行」なのでしょうか?今年度は、「喫食率が下がったから」と食べないことを理由にしていましたが、来年度からは、地域や形態の違う学校を増やすというもの。ようするに、定時制の夜間給食は全てなくしていくための試みとしか言いようがありません。
 夜間高校に通う生徒にとって、同じ食べ物をみんなで味わう時間は、かけがえのないコミュニケ-ションの場であり、大事な食事、憩いの場なのです。300円で食事ができることは経済的にもとてもありがたいことです。
 なくしてはいけません。議会でもしっかり取り上げ、また、生徒や保護者の皆さん、地域の皆さんとともに、千葉県の血も涙もない、弱者切り捨てのやり方にしっかり抗議の声をあげていきたいと思います。


 

11月30日(月) 教育署名提出集会

  • 2015.12.01 Tuesday
  • 08:32
1448926318544.jpg
  毎年秋から学校関係者によって行われている教育署名。今年も全国で取り組まれ、千葉県議会へも誓願として提出されました。教育予算の増額、先生を増やして少人数学級の推進、私学からは学費の負担軽減のため、助成の拡大を求めるものです。  
  千葉県議会では否決されてしまうことが多いのですが、毎年のたゆみない取り組みが、世論を動かし、国・県を動かしてきたのは間違いありません。皆さんの奮闘に敬意を表するとともに、連帯して頑張る決意を申し上げました。

11月18日(水) 午前中、教育委員会会議、午後は総合教育会議開催

  • 2015.11.23 Monday
  • 12:25
午前中の教育委員会会議では、改革プランの第3期プログラム案が提案されました。とんでもない内容で、高校の統廃合の計画が盛り込まれたました。今回は市原高校と、10年前に統合されたばかりの鶴前桜ヶ丘高校です。平成31年に2つの学校を1つにし、校舎は市原高校を使用します。鶴前桜ヶ丘高校は廃止し、農場だけは引き続き使用すると言うもの。統合の結果、郡部では地域の活性化にも影響が出る、生徒が通学するにも支障が出る、何も良い結果はもたらしません。まだまだ生徒は、減少せず、特に都市部では、増えており、過密化した高校もあちらこちらに現れているのです。県教育委員会の統廃合の先にありきのやり方で、翻弄され、疲弊させられているのが現場の状況です。高校は減らすのではなく、少人数学級にするなど、学びやすい環境をこそ整えるのが行政のあり方です。2つも目の議題もとんでもない内容で、定時制高校の夜間給食の試行的廃止を今年度の2校から、更に増やして5校にするとのことです。今年度の対象の東葛飾高校からは、生徒の食育や、経済を考えて復活してほしいとの要求が出されています!それにも関わらす、さらに増やすなど言語道断です。大いに抗議の行動を強めたいと思います。

10月10日(土) 千葉県私学振興大会に参加しました

  • 2015.10.10 Saturday
  • 15:59
1444459315576.jpg
毎年幕張メッセの国際会議場で行われる、千葉県私学振興大会に参加しました。この大会には、自民党を初め各党の国会議員、県議会議員が参加し、私学振興のための要求が寄せられます。森田知事は、いつものように途中で入場し、退席をすると言うパフォーマンスのようなやり方で、目立っていました。国会議員や県議会議員の挨拶があり、最後に四点の要求が寄せられました。公私格差をなくすこと、保護者負担を軽減すること、経営安定のための補助金の充実等です。お金の有る無しで、学びたい学びができない状況は是非とも改善させねばなりません。今回の、議会質問で、私も取り上げました。これからも、関係者の方々のご意見を良く聞きながら、頑張りたいものです。日本共産党から、斎藤和子衆議院議員、志位和夫衆議院議員の秘書、増田さん、県議団から三輪、寺尾、岡田が参加しました。

8月19日(水) 千葉県教育委員会会議がありました。

  • 2015.08.19 Wednesday
  • 23:55
本日8月19日10:30より県教育委員会会議が行われ、来年度
の公立高校の募集定員が決まりました。
驚いたことに、都市部では、9学級の学校が来年もぞろぞろ。
市川市内では、市川東高、市川昴高、市川南高がそろって9学級。
国分、国府台は8学級。どこも満タンです。県教委が言っていた、
8学級適正規模はどこに行ったのでしょうか?第2学区は、12学級も
多く、学校を1校以上作るべきところです。
なお、心配?されていた県立中学校(千葉、東葛飾)の教科書採
択は議案にはなく、8月末までに臨時会があると言っていました。
単独採択の千葉市、船橋市、市原市が公開しているのですから、
県 立中学校の教科書採択も秘密会などと言わず、公開させたい
ものです。

8月11日(水) 特定の教科書排除と教育への介入に抗議する申し入れ

  • 2015.08.12 Wednesday
  • 13:36
1439354156116.jpg
県教育委員会は、来年度、実教版高校日本史教科書を選定した高校に対して、昨年同様、選定理由が不十分だとして、追加を要求するための事務連絡を8月4日に発出しました。詳しい指導案や参考資料の提出も求めています。特定の教科書を排除し、教育への介入にほかなりません。お盆休みの最中の、14日までに提出を求めています。日本共産党県議団は、先ずは、本日対応可能な指導課長に、この撤回を求める申し入れ文を渡し、後日教育長との懇談を行う予定としました。

7月4日(土)千葉県高教組第69回定期大会に参加しました

  • 2015.07.05 Sunday
  • 08:35
1436052926438.jpg
定期大会には、斎藤和子衆議院議員とともに参加し、斎藤議員が代表してご挨拶をしました。

何人かの来賓のメッセージも、今の安倍政権の「戦争する国づくり」への懸念が語られ、廃案のために
力を尽くしましょうと、呼びかけられていました。斎藤議員は「国会周辺で連日のように大勢の方々が
集まられて、反対の声が聞こえる。中にいる国会議員たちにもしっかり伝わっている。」とリアルな話
もされ、共同の闘いを誓いました。
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM